iphone5s

iPhone5s、iPhone5cの発表と発売日が決まりましたね。情報発信サイトの運営者の方々は寝ずの1日だったんじゃないでしょうか?

その面・・・このあくろのブログは発表から・・・12時間以上も後に新iPhoneたちの話をするんですから・・・どうしようもないですよね(;´Д`)

 

簡単にiPhone5sのスペックでもまとめてみましょーか!

  • カラー:スペースグレイ・ゴールド・シルバー
  • 容量:16GB・32GB・64GBサイズ:58.6mm×高さ123.8mm厚み7.6mm
  • 重量:112g
  • CPU:A7チップ
  • バッテリー:最大250時間(連続待受時間)、3Gで最大10時間(連続通話時間)
  • カメラ:iSight、8メガピクセル(F値2.2)、動画1080pでスローモーション撮影可
  • Facetime:720pで撮影可能
  • 指紋認証センサー搭載:ホームボタンを押すコトでワンタッチでロック解除出来る
  • 価格:199ドル(16GB)、299ドル(32GB)、399ドル(64GB)
  • キャリア:docomo、au、SoftBank
  • 発売日:2013年9月20日

こんなトコでしょうか?スペック的に見ると、iPhone5から「超進化した!」って点は正直ない感じがしないでもないような気がしないでもないです・・・。

じゃあiPhone5sはドコが進化したのよ!って話ですが、日本にとって1番大きな変化というのは・・・

 

docomo・・・。

 

じゃないでしょうか?これで日本のキャリア3社でiPhoneが発売になり、熾烈な顧客獲得競争が始まりますね。契約率のUPはもちろんドコモが勝つような気がしますが。

docomoってスマホへの移行率があんまり良くないんですよね。iPhone5s販売でドカーンと移行率がUPするような気がしますよね。

個人的にトップ同士が組むのはちょっと面白みがない感じがしますが・・・。

まだまだ大きな変化はあるぞ!

 

iPhone5sがプラチナバンド対応!

これは嬉しいですよね、というか当然の対応ですが・・・。んじゃ「今までのLTEはなんだったの?」って話になるんですが、今までは2.1GHz帯でのLTEだったワケですよ。

これは直進性は優れているんですが、回り込みや浸透性が悪いんですね。というコトは、建物に入ったりすると・・・「LTE圏外になる」といったデメリットもありました。

んで、最新のiPhone5sでは700~900MHz帯のプラチナバンド(4G LTE)に対応するとなったワケです。

これはdocom、au、Softbankはこの帯域のカバーしていますので、iPhone5で悩んでた電波の悪さが解消されるというワケです。

ちなみにSoftBankは900MHz帯を獲得していますが、正式に使用されるのは2014年以降となるんですね。

docomo、auは既に展開中!auの電波の悪さは半端じゃなかったですからね・・・でも、iPhone5はダメですよ、対応してないので。

その他には

  • A7チップが64bit対応
  • M7モーションプロセッサー搭載
  • 指紋認証システム搭載

などが挙げられるでしょうか。CPUはiPhone5の2倍速くなるらしいですね。今でも十分速いけど、進化するコトは良いコトです。笑

こういった変更点は有名なサイトが多々あるので、お任せしたいと思います・・・(これがこのブログが有名になりえない点)

 

iPhone5用ケースを使用出来るのか?

これに関してはまだ実機がないだけに想像になりますが、サイズや重さなどに変更はないんですよね。

ただしiPhone4からiPhone4sになった時も「微妙にサイドのスイッチの位置が移動した。」などがあったので、実機を見てからじゃないと何とも言えません。

iPhoneのケースブランドでは、早くも「iPhone5/5s」とネームを変更して販売に至ってるモノもあります。

まあまだ発売までに日にちもありますし、ケース類が出揃うまではまだまだ時間がありますから、ゆっくりとやっていきたいと思います。

ただiPhoneケースブランドも今はバタバタしてるようですよ~。

そして詳しくは言えませんが・・・

 

超カッコイイアルミケース・バンパー発売します!

 

それはまた今度お話しますね(*´ω`*)

この記事が役に立ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアクロマニアをフォローしよう!