gild-design

1990年にオートバイのフレーム製作で創業。

主に4ストミニバイクやビッグバイクのステムパーツなどのアルミ加工を得意としていた会社が、2010年にiPhoneを始めとするスマートフォンケース事業に参戦した。

iPhoneアルミケース紹介vol.10は【GILD design】です。

 

gild-design

GILD designを一言で表すと”メイドインジャパン”ですね。素材の核となるアルミはモチロンのこと、固定ボルトや吸収素材のシリコン、パッケージの箱まで全てが日本で製作されたものです。そう言われると・・・箱も簡単に捨てられませんね笑。

iPhoneのアルミケースのみを作っているブランドも凄いモノを作るブランドはありますが、バックにバイクのパーツやら車のパーツなどを作ってるブランドというのは、やはり精度が良いと思います。

なぜなら、アルミバンパーの精度が悪くても命を落とすことはありませんが、バイクや車のパーツの精度が悪ければ、そのパーツが原因で命を落とす事もあります。

そういったパーツを作り続け信頼を得ているブランドというのは設備もしっかりしていますし、何より”技術力”があります。

コラボレーションモデルも多く製作し、ゲーム業界とは「メタルギアライジング」や「Ys」、アニメ業界では「エヴァンゲリオン」や「けいおん!」などがある。

アルミケースにありがちな背面側の味気なさに、レーザー刻印でデザインを施すブランドは多くはないです。確かな設備と技術を持って、新しいものに挑戦し続けているケースブランドでしょう。

またアルミケースの電波干渉に対しても前向きにそして誠意に取り組んでいて、電波スピードテスト動画をYoutubeに挙げています。そういった面でも信頼ケースブランドだと思います。

>>GILD design製品を購入するならこちら

 

Ichimatsu for iPhone 5の電波スピードテスト

 

この記事が役に立ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアクロマニアをフォローしよう!