ELEMENTCASEのDESIGN STUDIOでオーダーした【Sector5】が届いたのでレビューしたいと思います!

日付変わった6/6の夜中に注文し、6/10に到着しました。国内通販と変わりないぐらいのスピーディーな対応に驚きました。

 

Sector5を開封させていただきます!

sector5-design-studio1

FedEXによりぁくろの元へとやってきたSector5を開封したいと思います!内側がプチプチになってるパッケージで届きました。

海外だとこれが一般的なんですかね。日本はなんでも段ボールが多いけども・・・まぁ、どうでもいいです汗。

 

sector5-design-studio2

袋から取り出すと、「税関開封検査済」のテープが貼られた茶色い包み紙にくるまれております。うーん、海外から来た!!って感じですね(*´∀`*)。

 

sector5-design-studio3

包み紙を開けると、中からELENEMENTCASE DESIGN STUDIOのパッケージが姿を現しました!ちょっと驚いたのがDESIGN STUDIO専用の箱なんですね。

 

sector5-design-studio4

パッケージも高級感漂います。注目はDESIGN STUDIOと書かれている下です!

 

”CUSTOMIZED BY YOU”

 

何とも嬉しくなるような一言だと思いません?ELEMENTCASEの一員になったような!( ー`дー´)キリッ

 

sector5-design-studio5

パッケージ裏面にはカスタマイズの説明書きが書かれています。

 

sector5-design-studio6

側面には「ELEMENTCASE」ロゴが・・・

 

sector5-design-studio7

コレでもかと!!四方にそれぞれ書かれています。

 

sector5-design-studio8

パッケージをスライドすると、、、、カスタマイズされたSector5がチラリとお目見え!!

もうね、ココだけでカッコいいよ(^^)!

 

sector5-design-studio9

パッケージがフタのようになってるんですが、ココにも驚きが!!実は赤マルで囲った箇所に磁石が仕込まれていて・・・

 

フタがパカパカしない!!(;゚Д゚)

 

はぃ、あんまり重要じゃないですね・・・「お金かけてんなぁ~!」と思ったぐらいです。。。

 

sector5-design-studio10

DESIGN STUDIOのパッケージはこんな感じ!!何だかこのままレビューを終わりにして、飾っておきたい気分です・・・。

しかし、それではここまで読んで下さった皆さまに申し訳ないので・・・泣く泣く、中を見ていきたいと思います( ;∀;)ホントハアケタイ‐!!

 

Sector5パッケージ内を調査します!

sector5-design-studio11

Sector5に付いてたこの帯みたいのですが、ステッカーになってます。ファンには嬉しいアイテムですが、もう折れ曲がってるやん・・・。

出来れば箱の底の方に背筋ピーンとした状態で入れて置いて欲しかった・・・(T_T)笑

 

sector5-design-studio12

スウェード仕様のバックプレートです。カメラの部分は自分でくり抜くんですねぇ。他のアルミバンパーもレビューしていくぁくろなので、今回は使用しません。

 

sector5-design-studio13

んー、何というのかねぇ・・・やっぱ単純にELEMENTCASEはカッコいいよ。フレーム自体細めの作りなんだけど、柔らかい感じはなくしっかりしてる。

ヨドバシカメラのiPhoneケース売り場に行くと、サンプルが手に取れるように並べられてるんですよ。

そんで、このぐらい細いフレームのモノはぐにゃんって曲げられてるわけですよ。Sector5は違う、細いフレームでも頑丈さがありますわ。

 

sector5-design-studio14

2段弁当のようになってるんですが、2段目を見るとまた色々入ってます!

 

sector5-design-studio15

予備のネジが2本付属されてます。ELEMENTCASEの本国サイトを見ると、付属ネジがあるというコトが書かれてないのですが、しっかりと入っています!

 

sector5-design-studio16

スピードレンチです。キャップを取ると六角レンチが現れます。ストラップと一緒にくっつけておけば、非常に便利ですね。

 

sector5-design-studio17

ラッシュガードキットと脱脂用ペーパーです。ラッシュガードキット何に使う?と思っていましたが分かりました。

Sector5を装着する時に側面などに傷が付かないように装着するステッカーでした。これはアルミバンパーケースに貼るのではなく、iPhone 5本体に貼ります。ぁくろは面倒くさいので省略・・・。

 

sector5-design-studio18

クロスと液晶フィルムも付属されています。液晶フィルムはグレアフィルムで、アンチグレアフィルムではないです。

 

sector5-design-studio19

左からバックプレートタックシート、取付説明書、製品紹介パンフレットです。一番左のタックシートが気になると思いますが、バックプレートを使わない時にコレに貼り付けておくとイイヨ!っていうシートです。

 

sector5-design-studio21

それではSector5の本体を見ていきましょう!まずサイレントスイッチとボリュームボタン側の側面。ホワイトがぼや~んとして見づらくてゴメンナサイ( ;∀;)。

 

sector5-design-studio22

電源ボタンはシルバーにしました。隣には謎のスリットが入ってます。

 

sector5-design-studio23

SIMトレイ側の側面です。半透明の素材は触った感じでシリコンだと思われます。正直、定かではない。装着したままのSIMカードの取り出しは出来ません。

 

sector5-design-studio24

底部は3つに開口されています。サードパーティ製のヘッドの大きいLightningコネクタは入らなかったです。

 

sector5-design-studio26

内側のクッション材はベタ貼りではなく、当たりが出るであろう箇所に貼られています。

 

sector5-design-studio25

反対側はシリコン素材なので、角の部分だけクッション材が貼られています。

 

sector5-design-studio27

上部の裏側です。電源ボタンがあるのでここはしっかりと貼られていますね。

 

sector5-design-studio28

底部は角に貼られています。

 

sector5-design-studio29

丁寧だなと思ったのはココ!コーナーインサートの部分グレーのクッション材が貼られており、クリアのコーナーインサートのカラーリングを損ねないようになってます。

 

Sector5装着!!

sector5-design-studio30

それではSector5を纏っていきたいと思います。Sector5は1つの角に2つのネジなので、全部で8点止めのアルミバンパーケースなります。

が!

取付説明書を見てみると、1箇所を外すだけで装着出来るコトが分かります。

 

sector5-design-studio31

キャップを外したスピードレンチ!コイツでヤツをクルクルしてやりたいと思います(ΦωΦ)フフフ…

 

sector5-design-studio32

説明書通りに右上を外していきます。

 

sector5-design-studio33

1箇所外すとこんな感じになるんで、iPhone 5をスライドしながら入れていきます。

 

sector5-design-studio34

上手い具合にコーナーインサート部分が稼働するので、スライドは簡単です。後はネジを止めて・・・。

 

sector5-design-studio36

完成です!「あら、ちょっとカッコいいんじゃないの!」色々なアルミバンパーを付けてきましたが、それぞれによってiPhone5の雰囲気も変わりますね。Sector5は未来的な印象!

 

sector5-design-studio37

装着時のサイレントスイッチとボリュームボタン側の側面。ボタン部のカットは深いので、操作感は悪くなります。これはお世辞でも「操作感が良い!」とは言えません。

 

sector5-design-studio39

電源ボタンのある上部はこんな感じ。うーん、カットされた穴にホコリが溜まりそう~。

 

sector5-design-studio40

箱の白とフレームの白が重なり、写真がボヤけました・・・ゴメンナサイ。シリコン素材がクリアなんで、iPhone5本体のサイドフレームのブラック色が少し映り込みますね。これまたイイ感じです。

 

sector5-design-studio41

底部はこんな感じ。スピーカーと干渉することもないですね。

 

sector5-design-studio42

GILD designの”Ear PhoneJack Cover”との相性もバッチリです!

 

sector5-design-studio44

ぁくろは現在、GRAMASのガラスフィルムを使っているのですが、ガラスフィルムであればアルミバンパーとの段差はほぼありません。ツライチですね。

 

sector5-design-studio45

ホワイト色で分かりづらいですが、背面の段差は1mmないぐらいです。

 

sector5-design-studio46

そして最後にとっておいた1枚!!サイドには

 

”ELEMENTCASE | DS-01”

 

のロゴが入ってます。もちろんDESIGN STUDIOの略ですね、カッコいい(*´∀`*)。

 

ELEMENTCASE Sector5★1st レビュー総括

素材の強度は非常にしっかりとしています。自分でカラーカスタマイズするので、他人との差別化もされ個人的に満足度の高いアルミバンパーでしょう。

Sector5の形状はカクカクとしたモデルなので、手に馴染むようなアルミケースが欲しいと思っているユーザーには向かないと思います。ぁくろは角好きなので、全然問題ないですが・・・。

カスタマイズカラーについて、塗装マット仕上げです。指で触れていると、指紋が付きますので、気になるユーザーはこまめに拭いてあげるコトが大事ですね。Sector5はクリアコーティングして、艶出ししてもカッコいい気がするんですけどね。

色ムラも若干あります。これは大雑把な外人ですから・・・しょうがないかもしれません。なので、削り出し・塗装の仕上げにこだわるのであれば、MADE IN JAPANのアルミバンパーをオススメします。

ただ日本人にはないようなデザインを求めるならばELEMENTCASEはオススメです。値段もそれなりにしますが・・・。

 

DESIGN STUDIOでの海外通販の方法を知りたい方はこちら。

>>【ELEMENT CASE DESIGN STUDIO】カスタムオーダーのSector5を海外通販する方法!

 

この記事が役に立ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアクロマニアをフォローしよう!