アルミケースやメタルバンパーを使用して実際に電波が悪くなったのかって、電波ーマークだけじゃ判断しづらいですよね。

「場所が悪かった?」「たまたま?」といった事もあるだろうし、電波ーマークが1本増えたり減ったりでどの程度、電波が良くなったのか悪くなったのかなんて分からない(;´∀`)

iPhoneのフィールドテストという裏コマンドを使用して、電波状況を数値化する方法をご紹介します。

 

fieldtest1

昔からある方法ではあるのですが、やり方はとっても簡単!電話をかける要領で、キーパッドを表示させます。

そして「*3001#12345#*」と入力して、発信ボタンをタップ。

 

fieldtest2

フィールドテストモードに入り電波が電力の単位dBm表示になります。数値が低いほど電波が強いものになります。

 

とっても簡単ですが、動画にもUPしたので参考にしてください!

 

↓ 数値表示になった電波をどう見るのかはコチラ ↓

antennapict

各キャリアごとに数値は上記の通りになります。またフィールドテストに入った状態で、

”スリープボタン長押し→電源オフ画面が出たらホームボタン長押し”

の操作で、常に数値表示にする事も出来ます。元に戻したい時は数値の部分をタップしてあげると電波マークに戻ります。アルミケースを装着したら、1度チェックするのもいいでしょうね。

この記事が役に立ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアクロマニアをフォローしよう!