「職人技とITの融合」を掲げる㈱入曽精密が手掛けるオリジナルブランド【REAL EDGE】は、金属精密加工技術では世界トップレベルを誇り、海外からの注目度も高い。社長の斎藤清和氏は”ミクロの彫刻家”とまで呼ばれている。

iPhoneケースブランド紹介vol.5は”ものづくり日本”を感じさせますよ。

 

realedge

「切削魂」に取り憑かれた技術者たちが限界を追い求めて完成したiPhoneケース”REAL EDGE C-1/C-2”は非常にクオリティの高い作品。またケース自体の強度も高く、少々の事では傷が付かないと自負する仕上がり。

正直、”ものづくり日本”の代表といってもいいオジさんたちが、「精度は分かるにしてもこんなにもデザイン性の高いケースを作り上げるとは!」と思ってしまったiPhoneケースです。

元伊勢丹カリスマバイヤーの藤巻幸夫氏も自身が運営する藤巻百貨店でオリジナルカラーを展開している。

ちなみに・・・ぁくろもC-1の藤巻ブルーを持ってます(*´∀`*)。

>>REAL EDGE製品購入するならこちら

 

REAL EDGE関連リンク

>>REAL EDGE

>>入曽精密

この記事が役に立ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアクロマニアをフォローしよう!