SWORD RED ALERT 更に洗練されたアルミバンパーに驚いたレビュー!

redalert

SWORDが今後、GRAVITYというブランドになると以前書きましたが、その足がかりとなった「SWORD RED ALERT」をレビューしていきたいと思います!

そして今回はいつものレビューとは違います。。。何が違うのかって?

それは・・・

 

初のレビュー依頼を株式会社ULSさんから頂きました(`;ω;´)!!

 

こんなブログでも見ていてくれた会社さまがいたなんて・・・ちょっと感激じゃないですか!!
ですが・・・

 

だからと言って、エコヒイキなんてしませんよ~m9っ`Д´) ビシッ!!

 

公平にユーザー目線でレビューしていきたいと思います。とまぁ・・・相変わらず写真量の多いレビューなんで長くなりますがお付き合い下さい。

いつもよりちょっとだけ・・・真面目にレビューしたいと思います(´・ω・`)

 

GRAVITY SWORD RED ALERTを開封してみる!

gravity_red_alert1

前置きが長くなりましたが、レビューしていきたいと思います。ULS社さんから届いたSWORD RED ALERTを開封していきます。

「精密機器!!」(´゚д゚`)

厳重さが伝わってきます・・・笑。

 

gravity_red_alert2

中を開けると、梱包資材に包まれたモノが!!意外とこの梱包資材を取るのに苦労しつつ・・・。

 

gravity_red_alert3

姿を現したSWORD RED ALERTくん!!

SWORD5のパッケージは硬質のプラケースだったが、SWORD RED ALERTくんはソフトのプラケースに納まっておられますね。

 

gravity_red_alert4

ダンボールから取り出し、立てかけてみる。

正直ね・・・こういうパッケージの方が処理がしやすい。ハードケースとかだと捨て難いというか・・・取っておいてしまうコトあるでしょ?笑

そうすると、意外と後から邪魔になったり・・・(*_*;

 

gravity_red_alert5

取扱説明書は裏面にあります。これを見なくても簡単に取り付けられますがね。その他にも特徴などが書かれています。

 

gravity_red_alert6

新ブランドの「GRAVITY」の表記が加わりました。コレに関してはこちらの記事を見て下さいね。

 

gravity_red_alert7

見た感じの率直に思ったのは「薄い!!」でした。

振ってみると、中からカラカラと音がする。「他に付属品があるのか?」とパッケージをよく見てみると・・・

 

gravity_red_alert8

パッケージ上部に開くトコがあって、中に付属品たちが鎮座しております。1つずつみていきましょう~!!

 

gravity_red_alert9

中にあったモノを取り出してみました。最近、何かと付属品が多くなっているアルミケース事情・・・笑。

 

gravity_red_alert10

SWORD RED ALERTから固定ネジがマイナス仕様になったので、こんなレンチが入っています。

リングが付いているのでストラップに付けておいたり、鍵のキーホルダーなんかに付けておいてもいいでしょうね。

 

gravity_red_alert11

「お決まりの液晶保護フィルムか?」と思いきや、背面用の保護フィルム!!硬めで使いやすそうです。

背面保護フィルムは良い付属品だと思います。ぁくろが前から思ってるのはiPhoneケース買う前に液晶保護フィルムはもう買ってるでしょ。」ってコトなので。

そんでもって液晶保護フィルムは、単品で販売されてるものの方が質が良いので、付属品を使うコトって殆どないんですよね。

 

SWORD RED ALERTをガン見する!!

gravity_red_alert12

サイレントスイッチ、ボリュームボタン側のサイドです。今までのSWORDシリーズと違ってボタンやスイッチが付いています。

 

gravity_red_alert13

以前のアルミバンパーはこの部分がカットアウトされていました。正直、操作感があまり良くなかったので期待が持てますね!!

特徴にも書かれてある通り「360°オールガードのアルミバンパー」となっています。

 

gravity_red_alert14

そしてもう一つの変化がネジの形状です。以前のモデルまでは”プラスのネジ”でしたが、”マイナスのネジ”に変更になりました。

これはSWORDユーザーからの多くの声に応えて変更されたようですが、ぁくろ的にはマイナスです・・・。(´゚д゚`)

何でマイナスなのかは後ほど述べていきます~。

 

gravity_red_alert15

電源ボタンはレッド仕様になり、以前のモデルより平らな形状になりました。ボタンの押し具合は、硬すぎず押しやすくて良いですね。

 

gravity_red_alert16

SIMトレイのある側のサイドです。アルミバンパーを装着したままでもSIMカードが脱着可能になりました!!

SIMカードを脱着可能にしたいならをフタを外した状態で装着します。ぁくろは滅多なコトではSIMカード取り外さないのでこのまま使用します。

 

gravity_red_alert17

底部は以前のモデルよりも大きくカットされています。サードパーティ製のLightningコネクタの中でもヘッドの大きいモノは厳しそうですが、小さめなら使用出来そうです。

 

gravity_red_alert18

内張りのクッション材についてはULS社さんに問い合わせたところ、高密度軟質ウレタンフォームを使用しているとのコトです。

特徴としては断熱性・クッション弾性・衝撃吸収性が高いといった所なので、細かな箇所までこだわった素材を使用しているのだなと感じました。

 

gravity_red_alert19

SIMトレイを脱着を可能にするフタを取るには、矢印の箇所をペリっと剥がしてあげてくださいね。

 

gravity_red_alert20

サイレントスイッチの内側です。アルミバンパーの装着が完了するまではシールを剥がさない方がいいです。

剥がしてしまうとパーツが取れてしまうので非常に面倒になります。パーツの向きも分かりづらいです・・・。

 

gravity_red_alert21

ぁくろの大好きなノギス登場!!薄いという印象があったフレームの厚みを実際に計ってみました。

 

gravity_red_alert22

サイドを計測すると、3.6mm!!確かに薄いですね。

 

gravity_red_alert23

上部を計測すると、2.7mm!!更に薄くなりました。これならアルミバンパーを装着してるのかしてないのか分からないぐらいの感触になるでしょう。

 

gravity_red_alert24

ここで何でマイナスネジがダメなのか?というお話をしたいと思います。厳密に言うと、ネジがダメなんじゃなくてレンチの丸型がダメなんです。

ネジを締めていくと、黄色のバンパーの縁が丸型レンチと干渉して削れちゃうんです。

なので、このレンチを使用する場合はゆっくり回し、当たりを確認しながら締めていくと良いでしょう。

もしマイナスドライバーがあれば、それを使用されると良いと思います。

 

gravity_red_alert25

RED ALERTは下部で2つのパーツに分かれます。大きいパーツの方が少し”ハの字”に広がってるのが分かるでしょうか?

 

gravity_red_alert26

この写真のが分かりやすいですね(*´∀`*)。これは不良品ではなく仕様です。そしてちょっと便利な仕様ですよ~!!

それではiPhone 5に装着していきましょう。

 

SWORD RED ALERT ・・・iPhone 5と合体します!!

gravity_red_alert27

スライドさせてiPhone 5本体を差し込んでいきますが、ココで注意が必要です!!

サイレントスイッチのパーツを覚えていますか?忘れてしまった方は上の写真に戻って下さいね(^^)

サイレントスイッチの内側の面取り仕上げが悪いのか角が立っているので、勢いよく差し込むとiPhone 5のミドルフレームが傷つきます。ゆっくり様子を見ながら差し込みましょう。

こういうコトを言うってコトは・・・はぃ、ぁくろは傷が付きました:(;゙゚’ω゚’):笑

そして”ハの字”に広がっている箇所を軽く手で押さえながら小さいパーツの方をはめてあげると、ネジを付けなくても落下しない状態になって便利なのです!!

 

gravity_red_alert28

結合部のネジ穴がしっかり合っているかを確認してネジを止めていきます~♪

 

gravity_red_alert29

ゆっくり回しましょう、ゆっくり、ゆっくり~~♪バンパーが傷つきますよ~!!

 

gravity_red_alert37

はぃ、これで完成です。持った感触は「あれ?バンパー付けてるっけ?」と思うぐらいに違和感がなく、軽いです!!

今回ぁくろが選んだカラーはティムグレーなんですが、iPhone 5とのカラーリングがマッチし過ぎて最初からこういうモデルだったような・・・と錯覚させるぐらいですね笑。

 

gravity_red_alert38

背面はこんな感じです。見ても分かるようにバンパーフレームが非常に薄い!!逆にiPhone 5が大きく感じる気さえする・・・(;´Д`)

 

gravity_red_alert30

このタイミングでサイレントスイッチのフィルムを剥がしましょうね~!!

 

gravity_red_alert31

サイレントスイッチはアルミバンパーとほぼフラットです。

 

gravity_red_alert32

上部から見るとこんな感じ。レッドの電源ボタンが目立ちますね~(^^)。

 

gravity_red_alert33

レッドが差し色になってイイ感じです!!

 

gravity_red_alert34

SWORD RED ALERTのロゴが刻印されてて、カッコいいです!!実はこういうのが購入の決め手になったりもする(ΦωΦ)フフフ…。

 

gravity_red_alert35

GILD designのEarphone Jack Coverとの相性もイイですよ~!!これはGILD designを褒めるべきなのか・・・笑。

iPhone 5の液晶画面に対してアルミバンパーはほぼフラットと言っていいでしょう。今回からぁくろはガラスフィルムを止め、パワサポのアンチグレアフィルムに戻りました。

ガラスフィルムの場合は、液晶の方が微妙に高くなるかもしれませんね。

 

gravity_red_alert40

背面は1mmないぐら段差があります。これも付属の保護フィルムを張り付ければ、ほぼフラットになるでしょう。

 

あくろ的まとめ!

SWORD RED ALERTの悪いトコはココです!!

gravity_red_alert42

1番のウィークポイントと言ってもいいと思いますが、それはサイレントスイッチにあり!!

というコトで何が悪いかと言うと、ココねぇ~すんごい考えた箇所でもあると思うんですよ。今までのSWORDシリーズにはなかった点ですからね。

操作感や誤作動を考えて、サイドフレームに対して出来るだけフラットにしたかったんだと思うんです。

まだ分かりませんよね・・・笑。

次の写真を見ると分かると思います。

 

gravity_red_alert43

分かりやすいように黄色い線を引っ張ってみました。サイレントモードに切り替えると、微妙にフレームの形状から出っ張ってしまうんですよね。

これによりサイレントスイッチの誤作動が起こりやすくなります。手に持っている時や専用のポーチなどにしまってるいる時などはOKですが・・・問題はポケットに突っ込んでる時です。

ポケットにiPhone 5を入れてると、いつのまにかサイレントモードが解除され音が鳴って・・・ビクッ!!ってなるコトがありました。

この点は、ULS社さんに次回の製品で改善していただきたいと思いますね。

 

SWORD RED ALERTの良いトコはこんなにあります!!

gravity_red_alert39

なんと言っても軽さと薄さにあると思います。SWORD5は約12.85gに対して、ボタンパーツなどが増えながらもSWORD RED ALERTは約13gと、その差が約0.15gしかありません。相当、設計にチカラを費やしたのではないでしょうか。

iPhone5は外人にとってみれば丁度良いサイズかもしれませんが、日本人にとってみると「片手で操作出来る限界のサイズ」でもあると思います。

その点でアルミバンパーを装着しながらも、この薄さに仕上げられたのは素晴らしいですね。持ちやすさや操作性も向上させるでしょう。

今回、新しい設計で作られたアルミバンパーですが、フレーム形状にも良い点があります。

SWORD5では手にエッジ(角)が当たらない形状をしていましたが、SWORD RED ALERTでは逆に、エッジが当たるような形状をしています。

一見、「手に馴染まないなぁ」と思うかもしれません。ですが、エッジが手に当たるというコトは引っ掛かりがあるというコトです。

様々な素材のケースやバンパーと比較してもメタル素材のモノは、滑りやすいのがウィークポイントでもあります。

この点をアルミバンパーの形状を変化させるコトで、グリップ感を向上させています。

 

gravity_red_alert44

ボリュームボタンは押しやすいように多少飛び出した形状になっていますが、ボタンとボタンの間にラウンドを付けるコトによって、それを感じさせません。

 

gravity_red_alert45

電源ボタンもSWORD5よりもフラット形状をしているので出っ張りを最小限に抑えつつも、しっかりと押せる形状になっています。

このSWORD RED ALERTから新ブランドGRAVITYでの発売となるようですが、現段階で想像以上のモノを作ってきたなぁと思いました。

GRAVITYは日本ブランドですから、ユーザーの要望を汲みやすいブランドであると思います。

SWORD RED ALERTを通じて、また改良に改良を重ねて「良い製品を生み出してくれるだろう」とボクは思っています。

スポンサーリンク

  関連記事

ELEMENTCASE Ronin Bocote iPhone5 Case12

木の風合いが素敵なエレメントケースRonin Bocote iPhone5 Caseが日本発売!

ELEMENTCASEの中でも人気爆発中のRoninシリーズですが、新素材のボコテ材を使用したRon

Sector Au GOLD COLLECTION1

ELEMENTCASEのGOLD COLLECTIONアルミケースが日本でも発売に!

先日ご紹介したELEMENTCASE GOLD COLLECTIONですが、遂に日本でも発売になった

CIMG0148

Solid for iPhone5レビュー!GILD designにコラボアルミケースばかり作ってちゃダメだと言いたい。

iPhone5s持ちになってしまったので、お蔵入りとなっていた『GILD design Solid

realedge-plumpink-1

REAL EDGE C-1/C-2 for iPhone5/5sに女性好みの新色が登場!

REAL EDGEのiPhoneアルミバンパー『C-1 for iPhone 5』『C-2 for

esoterism-moat5-24

Esoterism Moat-5を海外通販で購入したので1stレビュー!

約1ヶ月前に海外通販で購入した【Esoterism Moat-5】をやっとのコトでレビューする時が参

スポンサーリンク

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


  • pinterest

  • open all | close all