goologo1

goologo1

このブログは有名なWordPressというモノを使っています。ブログ書いてる人なら知っていると思いますが、知らない人は覚えてね!

中には「WorldPress!ワールドプレス!」と言う方もいらっしゃいますが、決して世界を押す」コトはしていません・・・

ボクの友人にもいるのですが、完全に「ワールドプレス」で認識してしまい、質問がある度に「ワールドプレスのここが~!」って聞いてきます。

もう毎度のコトなので慣れてきましたが、たまに顔が笑ってしまうんですよね、面白いからいいんですけど。言葉はキチンと覚えるのがよろし!

WordPressでgooサーバーにPing送信されるとスパム扱いされる。でも、受け取って貰いましょ!

今日書くコトから早くも脱線しておりますが、ココから本題に入っていきたいと思います。

記事を更新したら、Pingサーバーに更新通知を送信して「皆に見て貰えるようにしましょー!」ってのがPing送信なんですが、有名なgooサーバーではWordPressからの送信がスパム扱いされてしまいます。

WordPressに標準で備わっているPing送信機能に問題があり、記事を公開した時だけでなく修正・更新時にもPing送信されてしまいます。

独自ドメインでブログ運営している多くの方がWordPressを使用していますし、修正・更新のたびにPing送信されてたらgooサーバー側もたまったもんじゃありません・・・。

しかしgooサーバーは利用者も多く強力なので、出来ればPing送信したいものです。この記事では、簡単な修正でgooサーバーに送信するコトが出来るようになる方法を紹介します。

WordPressを利用している方の多くは、Ping送信プラグインとして「Smart Update Pinger」や「cbnet Ping Optimizer」を使用していると思います。修正方法は両方同じですが、今回は「Smart Update Pinger」を例に解説していきます。

このプラグインについて知りたい方は「Ping送信を最適化してくれるWPプラグイン『Smart update pinger』の設定」も合わせてご覧いただければと思います。

 

Smart Update Pingerをプラグイン編集しよう!

goo_ping01

まず「ダッシュボード⇒プラグイン⇒プラグイン編集」と進みます。その中からSmart Update Pingerを選択しましょう。

phpは1つだけなのでこれを修正していきます。訳の分からん暗号ばかりが並んでおりますが、修正するのは1箇所です。

簡単に見つけるにはキーボードの「Ctrl+F」を押すと検索欄が表示されるので、そこに”WordPress”と入力して検索しましょう。

 

goo_ping02

WordPressという文字を使用しているのは9箇所か10箇所ぐらいあります。その中で7,8番目ぐらいだったと思います・・・(;´Д`)

 

// using a timeout of 3 seconds should be enough to cover slow servers
  $client = new IXR_Client($server, ((!strlen(trim($path)) || ('/' == $path)) ? false : $path));
  $client->timeout = 3;
  $client->useragent .= ' -- WordPress/'.$wp_version;

「$client->useragent .= ‘ — WordPress/’.$wp_version;」この箇所を任意の文字列に変えてあげるコトで、WordPressからのPing送信じゃないんだよー!って偽装してあげます。

 

goo_ping03

ボクはブログタイトルでもある”acr0mania”にしてみました。これで修正は完了です!実際に送信出来るか試してみた結果・・・

 

goo_ping04

送信が出来たというログが残っています。これでまた色々な方々にブログを訪問して貰える確率がちょっと増えたかもしれません。

 

あくろのまとめ!

gooは何気に大事だな~と思ってます。無料のgooブログを使用したコトもありますが、何気にアクセスが集まるんですよね。

もしPing送信ログをチェックして送信エラーになっていたら、この修正方法を試してみてくださいね。Ping送信先の参考として、ボクが設定している送信先リストを紹介します。

 

http://api.my.yahoo.com/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://ping.fc2.com/
http://pingoo.jp/ping/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://rpc.pingomatic.com/
http://www.blogstyle.jp/
http://www.blogpeople.net/ping/
http://www.bloglines.com/ping
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://services.newsgator.com/ngws/xmlrpcping.aspx
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://wpdocs.sourceforge.jp/Update_Services
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://xping.pubsub.com/ping/

※現在は全て送信成功になりますが、Pingサーバーの閉鎖は結構頻繁にあるのでご注意を!

プラグインって無数に存在しています。また英語表示のプラグインも多く、理解せずに使用するとブログがおかしくなってしまったり、最悪データベースが破壊されるコトもあります。

 

ネット上で紹介されているのを鵜呑みにするのではなく、キチンと検証されたプラグインを知るコトは非常に大切です。

この本では79個のプラグインが紹介されています。ネット上をあちこち検索するよりも役立つ1冊となっているのでチェックしてみると良いですよ。

この記事が役に立ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアクロマニアをフォローしよう!