DDNSへIPアドレスの更新通知してくれる「DiCE」を設定しよう!

Photo by Johan Larsson

固定グローバルIPアドレスを契約している以外の一般的なプロバイダでは、ユーザーに割り当てられるIPアドレスは動的なものになります。

どういうコトかと言うと、簡単に言えばIPアドレスが変わるコトがあるというワケです。

ダイナミックDNSを利用して、グローバルIPアドレスと固定ドメインを紐付けてあげたのにIPアドレスが変更してしまったら・・・

またダイナミックDNSのサイトにいってIPアドレスを更新させなきゃなりません・・・。これは非常にめんどくさい!!

そこで登場するのが「DiCE DynamicDNS Client Tool」です。このソフトは、変更してしまったIPアドレスをイナミックDNSに通知・更新してくれる機能を持っているんです。

イコール!これさえ設定しておけば、ボーっとしててもOKなんです。それでは早速、インストール・設定方法を書いていきましょう~!

DiCEダウンロードとインストール方法!

まずはDiCEをインストールしますのでWEBサイトに行きましょう。

DiCE DynamicDNS Client Tool

DiCEをダウンロードする!

画面下部に「Download Now!!」という項目があるので、そこからダウンロードしていきます。ただし1つ注意点があります。

殆どの方がWindows7以降のOSを利用していると思いますが、EXE版をインストールしようとすると「サポートされていない16bitアプリケーション」とお断りされ、インストールが出来ないコトがあります。

ですので必ず「MSI版」をダウンロードしましょう。こちらであれば、Windows7以降のOSにもインストールが可能です。

ダウンロードしたDICEをインストールしてみよう!

一応両方ダウンロードしてみましたが、実際にインストールするのはMSI版です。ダブルクリックして、インストールを開始していきましょう。
PCの設定によっては「開いているファイル – セキュリティの警告」が表示されます。「実行」をクリック。
DiCEのインストールウィザードが開きます。「次へ」をクリック。
インストール場所を決めます。通常はデフォルトでOKですが、変更する場合は「変更」を選択し、任意の場所を決めます。場所が決定したら「次へ」をクリック。
セットタイプを選択しましょう。特にカスタムを選択する理由がなければ「標準」にチェックマークを入れて「次へ」をクリック。
インストール内容の一覧表示されます。しっかり確認してから「インストール」をクリック。

これでインストールが完了です。すぐにDiCEを設定する場合は「プログラムを起動する」にチェックマークを入れて「完了」をクリック。それではDiCEの設定していきましょう!

DiCEの設定方法

DiCE起動するとこんな画面が表示されます。ダイナミックDNSに通知・更新をしてもらうように設定していきます。「イベント」をクリック。
色々と項目が表示されるので「追加」をクリック。

以前の記事で紹介した無料DDNS「no-ip」を参考に設定していきます。no-ipの説明はコチラの記事を参考にして下さい。

それでは設定していきましょう。まず「説明」は任意の説明書きを入力してOKです。出来るだけ分かりやすい内容を記入して下さい。イベントタイプは「DNS更新」にチェックマークを入れましょう。
サービスは▼をクリックすると、ダイナミックDNSサービスの一覧が表示されます。ここでは「no-ip」を選択します。
ホスト名にはno-ipで登録した「名前(サブドメイン名)」を記入します。ドメインにはno-ipで登録した「ドメイン名」を▼選択しましょう。ここではno-ip.infoを記入します。

ユーザー名とパスワードはno-ipで登録したものを記入して、IPアドレスは空白でOKです。スケジュールには、任意のものを選択してください。

ただし、頻繁に実行するとダイナミックDNSサイトから警告を受けるコトがあるので気をつけましょう。ボクは「IPアドレス変化時」を選択しています。最後に「保存」をクリックして完了です。

基本画面に戻るとイベントが作成されたコトが確認出来ます。これでIPアドレスが変更されても自動更新出来るようになりました。

あくろのまとめ!

DDNS登録、そしてDiCEの更新通知設定をするコトでDDNSが活きてきますので、必ず両方を行って下さいね。

シェアするとアナタの今日はハッピーになるよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA