色々と準備をしつつ購入までに時間のかかった【ELEMEN CASE Sector5】でしたが、早くも電波テストのお時間がやってきてしまいました…。

個人的にはもう少し付けていたい気持ちもありますが、ぁくろは次のアルミバンパーに進まねばなりません(;´Д`)。

というコトで、Sector5の電波テストをしてみたので参考にしてくださいね!  

 

ELEMENTCASE Sector5をフィールドテストでチェック!

sector5_denpatest1

場所は東京の環七沿い!Sector 5を装着した状態で、フィールドテストモードに入ります!

フィールドテストモードに入ってから1分後に計測した結果・・・数値は”-84”です。 1分の間、数値の変化はなしです。

まあまあ、これが参考数値ですので、丸裸iPhone 5の時はどうなるのか?期待が高まります!

 

sector5_denpatest3

丸裸iPhone 5を装着時と同じように計測したら・・・数値”-88”。おぃ、丸裸iPhone 5負けちゃったよ…。

しかも1分の間、数値の変化なし。 この時、ぁくろの心の中の叫びは「どうすんだ!この結果・・・。」でした。というコトで、ご覧いただいてる皆さんをまるめ込みたいと思います(;´Д`)。

アップルが公式で述べているように、アルミ素材で背面の上下ガラス部分を覆うと電波干渉がある可能性はあります!ですが、上下ガラス部分を覆わないアルミバンパーでは殆ど電波干渉がなさそうですね。

ちなみにこの結果を、「Sector 5を装着した方が電波が良くなる!」と捉えるのではなく、「装着しても電波干渉はなさそうだな~!」と受け止められとと良いと思います。

 

antennapict

フィールドテストの数値結果はこちらの表を参考にしてください。ぁくろのiPhone 5はauのモノです。

 

ELEMENTCASE Sector5をスピードテストでチェック!

sector5_denpatest2

お馴染みのスピードテストアプリ【OOKLA SPEED TEST】を使用してスピードテストを行いました。

Sector 5装着時

  • 下り:10.07Mbps
  • 上り:3.46Mbps

場所が悪いのか、イマイチ伸びがありませんでしたが、こんな結果です。

 

sector5_denpatest4

次に丸裸iPhone 5で計測しました。場所の変更はなく、同じ場所です。

丸裸iPhone 5

  • 下り:13.59Mbps
  • 上り:2.91Mbps

という結果で、下りは丸裸iPhone 5勝利、上りはSector 5装着時の勝利となりました。 数値的に見てもそこまでの大差はないので、電波干渉があると言える結果ではありません。

 

Sector5のおまけ報告

sector5_hokori1

1stレビューの時に、電源ボタン横のカットされた箇所が「ホコリが溜まりそう~!」と書きましたが、見て下さいこのホコリ!!笑。

また内張りのクッション材の部分にもホコリが溜まります。Sector 5は正面から見ても四隅のクッション材が見えてしまう設計です。

そしてクッション材は両面テープで貼り付けてるので、粘着部分に挟まったホコリが溜まりやすくなります。この点は改善してもらいたい点ですね。

Sector 5のその他のレビュー

⇒【ELEMENTCASE DESIGN STUDIO】カスタムオーダーのSector5を海外通販する方法!

⇒海外通販した【ELEMENTCASE Sector 5】を付けてみた!”1st レビュー”

 

ELEMENTCASE Sector5の電波テスト総括!

電波テストの結果、「Sector5に電波干渉の影響はない!」と言っても良いでしょう。 フィールドテストではアルミバンパー未装着時よりも良い結果を出したので、電波干渉を気にしている方でも安心して購入出来るアルミバンパーです。

この記事が役に立ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアクロマニアをフォローしよう!