BuddyPressという言葉はWordPressを利用している方なら聞いたコトがあるでしょう。日本では数年前に流行ったんですが、定着はしなかったように感じます。

きっとコミュニティサイトを作ろうとして導入してみたものの、設定方法の情報の少なさに諦めた方もいるんではないでしょうか。

ボク自身もこのプラグインを使って、コミュニティサイトを制作しようと色々と検索しましたが、殆どの記事が数年前のもので最新バージョンとは合わない記事が多かったです。

頼みの綱であるBuddyPressの日本公式サイトを見ても完全に動きがなく、404エラーになるページもチラホラ…海外では今でも結構使われているんですけどね。

しかし、WordPressでSNSコミュニティサイトを制作するなら、やはりBuddyPressが簡単なんじゃないかなと思います。この記事ではBuddyPressの導入から設定方法などを紹介していきたいと思います。

BuddyPressって一体何者なのだ?

先ほどからも述べてるようにBuddyPressは、コミュニティサイトを作成出来るプラグインです。

この機能が半端なくてですね、予想をはるかに上回る機能が搭載されています。BuddyPressで出来る機能を挙げてみましょう。

BuddyPressで出来る事

  • ユーザーの会員登録
  • プロフィール作成
  • プロフィール画像
  • 公開メッセージ、プライベートメッセージ機能
  • メッセージを受信した時の通知機能
  • フレンド登録
  • Facebookでいう「いいね!」機能
  • グループ作成
  • フォーラムの作成※BBpress必須
  • グループ専用プロフィール作成
  • グループ専用フォーラム作成
  • アクティビティ作成※Twitterのタイムラインのようなもの
  • 会員ユーザーのブログ作成機能※マルチサイト化して管理者の設定によって可能
  • イベント作成※Events Manager必須

出来るコトがこんなにあります。FacebookやGoogle+であるような機能が簡単に作れてしまうんです。実際に制作してみて感じたのは、SNSサイト構築以外にも色々な運用方法があるんじゃないかって事です。

例えばBuddyPressで「求人サイト」を制作して登録者に求人募集を閲覧出来るようにしてみたり、あるテーマに特化した写真共有サイトを制作したり、

レーティング機能(評価)を付けてレビューサイトを制作したり、制作者の閃きによって運用方法は無数にあるのがBuddyPressの良さだと思います。

マルチサイト化で登録者にブログ作成を可能にする!

buddypress1

マルチサイト化したWordPressでBuddyPressを導入すると、アカウント登録したユーザーに自分のサイトやブログを作成させる事が出来ます。

ページの更新頻度が上がれば、Googleの評価も良くなりますし、ドメインの強さもついてくるでしょう。最終的には管理人が更新しなくても、ユーザーによってどんどんページが作成されていくのが理想的ですよね。

ただし、どうしようもないペラサイトばかり作られては、逆にサイトの評価を落としかねないので一長一短はあるとは思います。また、規模が大きくなれば相応のサーバー環境も必要となるでしょう。

BuddyPressの導入

buddypress2

WPダッシュボード「プラグイン⇒新規追加」を選択し、「BuddyPress」で検索します。

「いますぐインストール」をクリックしてインストールが完了したら、「プラグインの有効化」をしましょう。

buddypress3

有効化が完了すると「Welcome to BuddyPress2.0.2」というページに自動的に飛ばされますが、これで導入は完了です。

buddypress4

固定ページには「Activity」と「Members」というページが自動的に作成されます。
Activity
Twitterでいうタイムライン・Facebookでいうフィードのようなページです。むしろ、もっと細かい情報まで表示されます。
Members
メンバー一覧ページとアカウント登録者の各プロフィールページを表示するページです。
「こんなページ作ってねーよ!」と思っても削除はしないで下さいね。後ほど、BuddyPressの設定でページの紐付けを行います。

buddypress6

WPダッシュボード「設定」に項目が追加されます。ユーザーが、サイト内で利用出来る機能を制限したり出来ます。サイトの核となるので、よく理解して設定をしていきましょう。

BuddyPressの設定

BuddyPress設定は「Component」「Page」「Setting」の3つに分かれています。
Component
BuddyPressが作るコミュニティの基本設定
Page
BuddyPressで必要な固定ページとの紐付け
Setting
BuddyPressでアカウント登録者に提供する機能の設定

また、ウィジェットや設定によってメニューや固定ページが追加されます。どの設定をONにすると、どの「項目」「固定ページ」が追加されるのかを把握しておくと良いです。

設定に入る前にやっておくべき事は日本語化です。BuddyPressは全て英語表記です。これが挫ける弊害の1つなので、必ずやった方が良いです。

BuddyPressの日本語化

buddypress7

Translating WordPressから日本語化ファイルをダウンロードします。任意のバージョンが選択出来ますが、これから導入する方は最新バージョンで良いでしょう。

buddypress8

翻訳率が96%になっていますね。ほぼ対応といった感じ!「Japanese」をクリックしてダウンロードします。

buddypress9

赤枠のプルダウンメニューからMachine Object Message Catalog(.mo)ファイルを選択して「Export」をクリックしてダウンロードしましょう。

また、作成するサイトに合わせて翻訳ファイルを編集をしたいなら、「Portable Object Message Catalog(.po/.pot)」を使用するので、必要な場合はダウンロードしましょう。

翻訳編集には「Poedit」という編集ソフトが必要になります。無料でダウンロード出来るので、こちらも手に入れておきましょう。

ファイルをダウンロードすると「buddypress-2.x.x-ja.mo」というファイル名になっていますが、使用する時は「buddypress-ja.mo」に変更してから「/wp-content/languages」へアップロードします。

「/wp-content/plugin/buddypress/bp-languages」にアップロードしても翻訳されますが、プラグインがアップデートされる時に上書きされてしまうので、上記の場所にアップロードするのがコツです。

Componentの設定

buddypress10

日本語表示になりましたね。これで、設定も楽勝になります!

コンポーネント(Component)の設定では、アカウント登録したユーザーに提供する機能のON・OFFを切り替える事が出来ます。各項目がどのように機能するのかを紹介していきます。
拡張プロフィール

WPダッシュボードのユーザーに「プロフィール欄」が追加される。デフォルトでは名前のみを入力すればアカウント登録が可能です。

登録に必要な項目などを追加する事が出来ます。よくSNSサイトである自己紹介みたいなものですね。

アカウント設定
各ユーザーのプロフィールページに「設定」タブが追加され、アカウント登録した際のメールアドレスやパスワードを変更する事が出来ます。
友達関係
各ユーザーのプロフィールページに「友達」タブが追加され、友だち一覧ページが表示されるようになります。
プライベートメッセージ
各ユーザーのプロフィールページに「メッセージ」タブが追加され、ユーザー同士のメッセージのやりとりが可能になります。もちろん第三者には見る事が出来ないプライベートなものです。
アクティビティストリーム

WPダッシュボードのサイドメニューに「アクティビティ」項目が追加され、管理者は全てのユーザーの発言や行動をチェックする事が出来ます。

アクティビティの編集・削除、スパム設定も行う事が出来るので、ユーザーが増えた時に便利になるでしょう。

通知
各ユーザーのプロフィールページに「通知」タブが追加され、自分へ届いたメッセージや返信を一覧表示する事が出来ます。
ユーザーグループ

WPダッシュボードのサイドメニューに「グループ」項目が追加され、管理者はグループの管理・編集を行う事が出来ます。固定ページに「Group」が追加され、ユーザーはサイト内でグループを作成する事が出来ます。

また、各ユーザーのプロフィールページには「グループ」タブが追加され、参加しているグループが一覧表示されます。

サイトトラッキング
マルチサイト化している場合、全サイトの記事やログ一覧ページが作成されます。必要に応じてON・OFFしましょう。個人的には絶対OFF!
BuddyPressコア・コミュニティのメンバー
説明の通りです。BuddyPressを動作させるには、欠かせない項目なのでOFFには出来ません。

特に制限する事がなければ、全ての項目にチェックマークを入れて「設定を保存」をクリックしましょう。

Page

buddypress11

ここではBuddyPressを使用するのに最低限必要なページの作成、紐付けを行う事が出来ます。紐付けというと難しく感じるかもしれませんが、「どの項目をどの固定ページで表示させるか」って事です。

先ほど自動生成された固定ページ「Activity」と「Members」は、デフォルトでは「アクティビティストリーム」「メンバー」を表示する設定になっています。

自分でページを変更したい場合は、「新規固定ページ」をクリックしてページを作成し、ドロップダウンメニューから表示したい固定ページを選択しましょう。その他に必要なページは・・・
登録
訪問者がアカウントを登録するページ
有効化
アカウントを登録したユーザーに、登録時に設定したメールアドレスにメッセージが届きます。アカウントを有効化するページへのリンクが貼ってあるんですが、そのページです。SNSやWEBサービスの登録時にもよくありますよね、アレです。

両ページとも「新規固定ページ」をクリックしてページを作成します。タイトルとスラッグは任意のモノをを決めて、本文は記入せずに公開します。

    (例)

  • 登録:タイトル名「アカウント登録」、スラッグ「register」
  • 有効化:タイトル名「アカウント有効化」、スラッグ「activate」

次にドロップダウンメニューから任意のページを選択すると、それぞれのページが表示されるようになります。

Setting

buddypress12

コンポーネントと一緒にしても良い感じですが、細かな設定のON・OFFをする事が出来ます。
ツールバー
WordPressはログインすると、サイトの上部に管理バーが表示されます。表示される内容は違いますが、ログインしていないユーザーにもツールバーを表示するかどうかの設定。
アカウント削除
各ユーザーのプロフィールページの設定に「削除」が追加され、ユーザー自身でアカウントを削除する事が出来ます。
プロフィール同期
WordPressに登録しているユーザーなら、そのプロフィールと同期する事が出来ます。基本的に「アカウント登録=WordPressのユーザー登録」なので、チェック入れておいて良いです。
アバターのアップロード
アカウント登録しているユーザーは、プロフィールページからアバターをアップロード出来るようになります。
グループを新規作成
アカウント登録したユーザーは、誰でもグループを作成する事が出来るようになります。
ブログとフォーラムのコメント
ブログやフォーラムへ書き込んだコメントが、アクティビティページに反映されるようになります。
アクティビティ自動再読み込み
アクティビティやブログ、フォーラム等で書き込まれた内容が、アクティビティページを開いていても自動的に更新されますが・・・イマイチ動作が確認出来ません。
Akismet
アクティビティのスパムの監視の許可。これは絶対必要!

オススメの設定は「ツールバー」以外はチェックマークですが、任意の項目にチェックを入れて「設定を保存」しましょう。

BuddyPressウィジェット

buddypress14

BuddyPressを導入すると「ウィジェット」にオリジナルウィジェットが追加されます。必要に応じて追加して下さい。

ただし!追加しても表示されないものあるので、表示を確認しながら行いましょう。「何で表示されないんだ?」と悩むと先に進まなくなります・・・表示されないものは即諦めて次にいきましょう!笑

グループメニュー

buddypress15

ユーザーが作成したグループを一覧表示するのがグループページです。管理者は、WPダッシュボード「グループ」から管理を行う事が出来ます。

グループの編集、削除、公開・非公開・非表示グループの設定などが出来ますが、ユーザーが作成したグループを勝手に編集する必要もないので、

編集・削除依頼などがあった場合に、この画面で修正してあげると良いでしょう。また、明らかにスパムと判断出来るグループは削除してしまいましょう。

アクティビティメニュー

buddypress16

ユーザーの行動や発言を一覧表示してくれるのがアクティビティページです。管理者はWPダッシュボード「アクティビティ」から管理を行う事が出来ます。

グループ同様、ユーザー自身で編集・削除が出来るので基本的にいじりません。編集・削除依頼や違反告知などが合った場合に、修正してあげると良いでしょう。また特定のアクティビティにスパム設定も可能です。

BuddyPressテーマ

BuddyPressには独自のテーマが同梱されています。以前のバージョンではBuddyPress設定からテーマを指定出来ましたが、最新バージョンでは出来ません。

FTPソフトを使用して使用して「/wp-content/plugin/buddypress/bp-themes」にある「bp-default」を「/wp-content/themes」にフォルダごと移動して、管理画面から有効化します。

buddypress13

上記がBuddyPressのデフォルトテーマですが、あんまりカッコ良くないです・・・。

ですが!独自機能が多くあるので、どのテーマでもマッチングするのは難しいですし、どうしても使いたいテーマがあるならばCSSの編集は必須です。

CSSの編集は難易度が高いので、BuddyPressに対応しているテーマを探す方がおすすめです。公式のテーマディレクトリで探すか、有料のテーマ・テンプレートを購入すると良いでしょう。

ちなみに、ボクは海外の「Theme Forest」というサイトでよくテーマを購入しています。言語の壁はありますが、日本にはないようなデザインを見つける事が出来るでしょう。特にコダワリがなければデフォルトでOK!

envato market「themeforest」はこちら

フォーラムの設置にはbbpressが必要!

buddypress17

BuddyPressを導入したサイトにフォーラム(掲示板)を設置するには「bbpress」プラグインが必要になります。

デフォルトテーマと同じように、以前のバージョンではBuddyPress設定から追加する事が出来ましたが、現在のバージョンでは出来ません。

WPダッシュボード「プラグイン⇒新規追加」から検索してインストールして、有効化します。

buddypress18

有効化するとbbpressの紹介ページが表示されますので、この画面が出れば成功です。bbpressの日本語化する場合は、こちらからダウンロードが可能です。

ダウンロードしたファイルを「/wp-content/plugin/bbpress/languages」にアップロードすれば日本語化されます。

フォーラム親ページの設置

buddypress21

まずは、フォーラムのトップとなる親ページを追加します。WPダッシュボード「固定ページ⇒新規追加」から作成します。

タイトルは分かりやすく「フォーラム」で良いと思いますが、任意の名前を入力すればOKです。本文は空白のままにして下さい。

大事なのはスラッグなのですが、必ずforumsにして下さい。これはbbpressのForum root(フォーラムの親ページ)設定が「forums」になっているためです。

逆にForum rootのスラッグを任意の名前に変更すれば、親となる固定ページのスラッグも任意のスラッグで表示する事は出来ます。この2点を入力したら「公開」をクリックします。

buddypress22

サイトを確認すると、フォーラムページが追加されている事が分かります。

グループフォーラムの設置

buddypress20

BuddyPressには、特定のグループに参加しているメンバーだけが閲覧出来る「グループフォーラム」という機能があり、bbpressと連携させる事で作成が可能です。

WPダッシュボード「フォーラム⇒新規フォーラム」から作成します。基本的にタイトルとスラッグを入力して公開すればOKです。

本文にフォーラムに関する注意書きなどを書いておくと、フォーラム名の後に表示されます。ここでは、タイトル名「グループフォーラム」、スラッグ名「group-forum」という名前で作成しました。

buddypress19

次にbbpressの設定からグループフォーラムとの紐付けを行います。

WPダッシュボード「設定⇒フォーラム」を開いて、最下部にある「グループ親フォーラム」項目のドロップダウンメニューから「グループフォーラム」を選択して「変更を保存」をクリックします。

buddypress23

グループフォーラムの設置が完了しました。ここにユーザーが作成したそれぞれのグループフォーラムが追加されていくわけですが、公開・非公開はグループ作成者の選択によって決定されます。

以上でBuddyPressプラグインを使ったコミュニティサイトの作成方法の基本は完了です。

BuddyPressではテーマによってはphpファイルをいじったり、CSSファイルでデザインをカスタマイズするコトがあるので、最低限必要な知識を身につけておいた方が取り掛かりやすいと思います。

あくろのまとめ!

今回紹介したのは最低限必要な構築方法です。ボクがBuddyPressを使用して作ったサイトを紹介しておきます。

このブログでも何度も言っていますが、METAL GEAR SOLIDが好きで、特に「メタルギアオンライン」が超好きなんです!そんな同じ仲間が集まれたらなという思いから作成しました。

MGSTYLE. -メタルギアシリーズの話題を中心とした情報コミュニティ

追記

予測していたゲーム内容と大幅な違いがあったため、コミュニュティサイトは閉鎖しました。

別ドメインにして移動を試みましたが、マルチサイト化していたり、子サイトで運営していた方たちのブログを別ドメインに移動してリダイレクトを掛けたり・・・

色々有りすぎて移動は断念しました。現在は、ゲームのクランサイトとして運用しているので参考にはならないと思います・・・すいません。

また、アフィリエイト初心者の方のためのWordPressの使い方などを書くサイトを始めました。WordPressに関するエントリーは、今後そちらで書いていくのでこちらにも遊びに来て下さいね。

アフィリエイト初心者が挫折しないWordPressの使い方。- アクロニウム

この記事が役に立ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアクロマニアをフォローしよう!